ポチッと

  • ポチッとよろしくお願いします
    ランキングには関係していませんけど^^;
    ポチっとよろしく!

お友達

最近のトラックバック

« 記事(BlogPet) | トップページ | 魔法の呪文(振り付き) »

虐待と躾

『子供を叩いてしまった・・・これは虐待?』

『叩かないであげて。まだ、何も分からない1歳の子供なんだから』

 

こういう言葉を目にすることが多くなりました。

 

果たして、叩く事は即・虐待につながるのでしょうか?とても悪いことなのでしょうか?

 

私はそう思いません。

叩く事は一概に悪い事ではないと思います。

それに、『1歳だからまだ何も分からないのだから』・・・これにも疑問が湧きます。

1歳でもちゃんと分かっています。

出なければ、言葉を覚えたり・親の真似なんかしないと思います。

(第一・『分かるようになったら叩いてもいいの?』になっちゃうし、反対に分かるようになったら余計叩く必要なんてないと思うのですがーー;)

また、子供を叩きそうになったら、別室に行って気持ちを整える。

これには私はあまり賛同できません。

一呼吸おいて(深呼吸して)と言うのならば納得いくのですが、別室に行って時間を置いてしまうと、結局子供は何で怒られたのか・怒られているのか分からなくなっちゃうような気がします。

(その場で叱り、すぐに問題を解決させる。そのほうがお互いにも良いと思うのです。)

要は、叱り方・叩き方(頭を拳骨で殴る・頬を平手打ちする)、その理由に問題があると思うのです。

あとは叱っているときの親の態度かな?

 

ここで告白しますと、私はマダムを叩きます(叩き方は手をシッペするようにです)。何度も注意して、聞かないときにですけど。

事例を挙げると・・・

『これは駄目だと何回も言ったよね?でも、あなたは悪くないのよね?この手が悪いのよね?それともあなたが悪いの??悪い事をした手はどっち?』

・・・といって手を叩きます。それが人前であろうとも、その場でやっちゃいます。

そのあと【ごめんなさい】をさせて(言葉ではなく・頭を下げるだけでも)、きちんとしたときには『よくできたね^^』と言って褒めてあげ、別のことに気を引かせます。

 

親が叩くと子供も叩くようになる(叩きかえすようになる)と言いますが、私は今のところマダムに叩き返されたことはありません。お友達も叩いたりしていません。

しかも、最近では叩く前ににっこりと笑って悪戯をやめるようにもなり、悪い事をしているという自覚からか、自分で自分の手を叩いたり、『ごめんなさいは?』と言うと頭を下げるようにもなりました。でも、どうしても興味をそそられるものがあったり、集中している場合は別ですが。

ちなみに、マダムが『しまった!』と言う顔をしたときや、自分の手を叩いて『ごめんなさい』しているのって不謹慎にも可愛いって思っちゃうんですよね^^;

そういう時は『えらいね~!賢いねぇ!!やっぱりマダムチャンだねっ!!!』って頭をイイコ・イイコしたり、抱きしめたりしています。

 

痛みを知る事で覚えていく事もある・・・私はそう思っています。

それに、このまま人から与えられる痛みを知らずに育っていくことのほうが、私にとっては不幸な事ではないか・・・と思うのです。

 

私自身・親から叩かれて育てられて来ました。

それこそ、今で言えば『虐待ではないの?』といわれるような叩き方です。

ほんと、叩かれたあとは親が憎かったですよ^^;『なんでこんなのが私の親なの??いなくなっちゃえばいいのに』って。

だからといって、親や他人様を叩いたり殴ったりしたことはありません。

だって、叩かれる痛みを自分自身が知っているから。叩かれたら痛いだろうなぁ・・・って。

 

そのうちマダムも叩く私を憎むようになるかと思います。

でも、憎まれてもいいから【叩かれる痛み】【叩いた痛み】を知ってほしいのです。

そして【人の痛み】を知ってほしいのです。

これは、私のエゴでしょうか?

やはり叩いている以上・私は【虐待をしている親】【子供にとって不必要な事(躾)をしている親】になっちゃうのでしょうか?

躾は【叩いたとしても、相手を思いやり・愛情を持って接する事】、虐待は【親の理不尽な理由や感情まかせで叩いたりする事】だと思うんですけどねぇ・・・。

 

まぁ・これは私の考えであって(ご主人様も承知の上)、不快な方は華麗にスルーしちゃってください。

ちなみに、ご主人様は一度もマダムに手を上げたことがありません。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

叱るべきところは、親として年長者としての威厳を持ち、しっかりとけじめを持って叱る。

だが、自分が(親が)間違いを犯したときは、例え相手が子供であってもきちんと謝る。

これは、育児に関して・私の数少ないモットーです。

« 記事(BlogPet) | トップページ | 魔法の呪文(振り付き) »

育児」カテゴリの記事

コメント

私と考え方や環境が似てるので嬉しいです。
私も母親から悪い時は叩かれて育ってきました。
叩かれた時はどうして叩かれたか、ということよりも叩かれた事の方に意識が向いていた気がします。
でも母親も愛情からだったので、今では感謝してます。

私もどうしても聞かないときは叩きます。
私が感情的になりすぎているときは叩かないようにしてます。
でも愛情からですよね。
叩いたあとやきちんと出来た時は抱っこしたり褒めたりしてフォローを心がけてます。
子供ってきちんと言ってること理解できてます。
子供に言っても分からないので叩くなんてって言ってる人もいますが、何歳になったら分かるようになるの?って感じで。
ある日突然方針を変えたらそれこそ子供の方が混乱しちゃいますよね。

いろいろな考えの人がいますが、我が子のために良いと思う事は他人がどう思おうが貫いて良いと思いますよ。
私の夫も娘には手を挙げた事ないというか甘いです(笑)

mapleさん:少しでも考え方が似ている方がいらっしゃって嬉しいです^^

いろんな育児サイトや相談室みたいなところを見ていると、「え?こんな事駄目なの?虐待にとらえられるの?」というのがあって、正直びっくりしています。
虐待・躾・・・いろんな人の見方によって、境界線は別れてくるので仕方のないことかもしれませんが。
 親と子供がきちんとした信頼関係を築けていれば、叩いたとしてもなんら問題はないと思うのです。

お互い・頑張りましょうね!!!
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202085/35194419

この記事へのトラックバック一覧です: 虐待と躾:

« 記事(BlogPet) | トップページ | 魔法の呪文(振り付き) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
©PETAPPA

お嬢様♪

  • 宜しければキュートボタンを押してくださいませ☆

   

メール

  • メールはこちらから♪
無料ブログはココログ